手っ取り早くオーナーになりたいならe-MACSがお勧め

需要を逃さない方法

人形

費用をかけずにできる工夫

日本の小売店にとって追い風になっているのがインバウンド需要です。外国人観光客が増加するにつれてインバウンド需要はさらに高くなります。2020年には東京オリンピックが控えています。政府は外国人観光客をさらに増やすことを施策に取り入れています。小売店をはじめとしてインバウンド需要をいかに有効に活用するのかがポイントになります。多くの企業では、顧客の2割が全体の8割の売上を支えているといわれています。つまりリピーターや常連客の存在がかなり大きなウェイトを占めているのです。インバウンド需要でも同様です。通りがかりの顧客を取り入れることも重要ですが、リピーターを増やす工夫や努力も必要なのです。広告宣伝などが有効といわれていますが、外国人観光客にもこれは有効な手段です。しかし方法はSNSを活用することが特に有効になります。SNSは国境がない広告手段です。観光客は口コミで来店するケースが多くなっています。そのため、常に広告を配信することでリピーターの数を増やす最も効果的な方法になるのです。外国人観光客に印象に残るようなスタイルにすることも大事です。言葉を自由に操れるようなスタッフを配置するなどもう一度来店したいと思わせる雰囲気が大事なのです。これらの施策は費用を大きくかける必要がありません。実行しようとすれば、すぐにでもできることなのです。インバウンド需要は加速化しています。ソーシャルメディアを今すぐ活用することが大事なのです。